• 事故分析 ツーリング
    バイクの死傷事故原因の49%は「出会い頭」と「右直時」に発生!!事故防止を考える
    2017年12月16日
  • バイク工学&理論
    バイクのエンジン始動テクニック3選!これで一発で掛かる(キャブ式) 
    2017年10月25日
  • バイク工学&理論
    オートバイで使用される部品と材料の剛性と強度の違いを理解する
    2017年10月22日
  • バイク工学&理論
    バイクの正しいホイールベアリングの交換方法|ソケットを叩く方法は大間違い!!
    2017年11月18日
  • バイク工学&理論
    バイクのリアタイヤを太くするとグリップが上がる!と言う勘違い。
    2017年9月1日
  • MotoGPエンジン バイク工学&理論
    MotoGPマシンにV4エンジンが採用される理由
    2017年11月26日
  • アライヘルメットのオススメの理由 バイク用品
    バイク用おすすめヘルメットメーカーはなぜアライなのか!?
    2018年1月10日
  • バイク工学&理論
    チェーン給油&メンテってホントに必要?メーカーは教えない秘密の知識
    2017年6月10日
  • レース&サーキット
    「この旗何だっけ?」重大事故を防ぐサーキットフラッグの意味と種類一覧!!
    2017年9月13日
  • バイク用品
    バイク盗難防止の決定版!戦う相手を知れ!抑えるべき盗難対策の知識
    2017年6月5日
  • バイク工学&理論
    チタンボルト、チタンマフラー、バイクで使用されるチタンの世界
    2017年10月15日
  • レース&サーキット
    サーキット練習走行用ラップタイムチャート DLページ
    2017年7月4日
  • バイク工学&理論
    バイクのサーキット走行向けサスセッティング|フロント編
    2017年12月25日
  • レース&サーキット
    バイクでサーキット走行!タイヤ空気圧はどのくらい?
    2017年6月7日
  • バイク工学&理論
    バイクのリアサスセッティング方法|基本編
    2017年12月15日
  • バイク工学&理論
    バイクのフロントサスセッティング方法|基本編
    2017年12月8日
  • ツーリング
    アメリカツーリング2017 ハーレーで行く西海岸 Day1サンフランシスコ
    2017年8月11日
  • バイク工学&理論
    ボルトはなぜ締まる?マシンのポテンシャルを引出す締付け方法! 
    2017年6月16日

最終戦バレンシアグランプリ ポールポジションはマルク・マルケス!!

マルケスが唯一の29秒台を叩き出し今季8度目のポールポジションを奪取!! 決勝へ向けて盤石のスタートを切りました。ドビは少し出遅れ1'30.961で9位スタート!!

正式予選結果

予選結果の考察

過去のバレンシアグランプリと比較してみます。

予選
順位
2015年2016年2017年
ポール
ロレンソ
1'30.001
ロレンソ
1'29.401
マルケス
1'29.897
2位
マルケス
1'30.449
マルケス
1'29.741
ザルコ
2 1'30.246
3位ペドロサ
1'30.516
ロッシ
1'30.128
イアンノーネ
1'30.399
4位エスパルガロ
1'30.917
ビニャ
1'30.276
ロレンソ
1'30.460
5位クラッチロー
1'30.917
ドビ
1'30.338
ペドロサ
1'30.589

 

気象条件 2016 2017
路面温度 26℃ 26℃
気温 21℃ 23℃
コンディション DRY DRY

 

気象条件は、ほとんど同じと言えるレベルでした。

その中でマルケスは昨年比で0.156秒のタイムダウン、ペドロサは0.073秒タイムダウンです。

ドビは昨年比0.587秒のタイムダウンでした。

先日予想した通り、ミシュランタイヤの強度と構造の見直しによって昨年同等のタイムと言えそうです。そう考えると、ドビのマイナス幅が少し大きいように感じます。 ここは是が非でも昨年同等タイムが必要でしょう。  まだモーニングが残されているのでドビのタイムアップを期待します!

*事前予測→ウィーク前 Andy’S隠プレッション

 


タイヤの考察

今回の予選で各ライダーが使用したタイヤのコンパウンドに注目します。

ライダー フロント リア
マルケス H S
ザルコ S S
イアンノーネ H S
ロレンソ M S
ペドロサ H S
ピッロ S S
ロッシ M S
エスパルガロ M S
ドビチオーゾ M S

*H=ハード、 M=ミディアム、 S=ソフト

リアタイヤは全ライダーがソフトを選択しています。 フロントのコンパウンドが分かれました。

ハードを選んだのは、ダニ&マルクのレプソル勢のみ。 レースディスタンス(レーススタート~ゴールまでの距離数)を考えれば、ハードが有利です。 しかしグリップ面で不利な状況になるはずですが、ハードでポール獲得を考えると、マルケスが優勝候補最有力と言えます。

そしてダニもハードを選択しています。 昨年比でペースも悪くないので決勝では必ず表彰台争いに食い込んできそうです。 久々のレプソル1-2が見れるか!?

レースはレースが終わるまでわからないですからね! 今からワクワクします☆

 


映像の考察

リアタイヤのスリップ率がマルケスの方が高く、スリップアングルも大きくなっています。 ある程度まではスリップアングルが大きい方がグリップ力が増加します。

スリップアングルが大きい(オーバーステア)分、バイクを起こして曲がる事ができ、転倒のリスクを低減しつつグリップを上げる事が可能です。  この領域のコントロールはケーシ―も抜群に上手かったですね!! 今はどのマシンもヨー、ロール、ピッチ角をデータ計測していますからエンジニアが客観的なデータで、「曲がっている」のか「曲がっていない」のか分かります。

2017年チャンピョンは誰の手に・・!?

 

Let's Fun! Ride! Run!
Andy

コメントはお気軽に♪  (メアドは公開されません)

関連キーワード
  • サーキット練習走行用ラップタイムチャート DLページ
  • サクライHONDA 鈴鹿サーキットフルコース走行会
  • 2017年8耐201周29位で完走!Honda QCT Meiwa Racing
  • 8耐トライアウト通過! 参戦権獲得!
  • バイクでサーキット走行!タイヤ空気圧はどのくらい?
  • 2017年8耐 合同テスト前の準備

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事