AdesenceのCriteo広告をブロックしてAmazonアフィリエイトの収益アップを実践!!

こんにちは!MOTO-ACE-BLOGERの@Andyです。

wordpressを使ってブログ運営をしていると、Adsence広告を掲載している事が多いと思います。 同時に楽天アフィリやアマゾンアソシエイトを利用して、アフィっているブロガーさんが殆どだと思います。

しかし、この2つは時にバッティングしてしまい、収益の高い方を潰してしまう可能性があります。(特に楽天アフィリ)そんな時、Adsence広告を適切にブロックしてあげる事で高い収益性を維持する事ができます。

 

1. Google Adsence広告で収益が発生する仕組みをおさらい

収益の仕組1. 設置した広告をクリックしてもらう

先ずはこれが無いと始まりません。ブロガーは設置してある広告をクリックしてもらう事で広告収入が入ります。ですからなるべく記事の邪魔にならない、でも目立つ場所に設置します。

収益の仕組2. ワンクリックの単価は様々な要因で変わる。

これは広告主の入札額が高い方が1クリックもらった時の単価も高いのですが、そのサイトの集客数やドメンパワー、サイトのジャンルも大きく関係しているようです。 とりあえずこちらで何か決められる事ではありません。

収益の仕組3. 表示される広告はGoogleが決める。

ジャンルごとブロックする事はできます。(例えばパチンコ関連とか、飲食関連とか)自分のサイトに合わないと思った広告ジャンルは外す事ができます。

 

2. アマゾンアソシエイトの収益発生の仕組みをおさらい

仕組1. 商品リンクをから商品を購入してもらい紹介料を得る。

アマゾンで販売している商品リンクをクリックして購入してもらうと、アマゾンから照会料を貰えるサービスです。ブロガーなら、殆どの方が知っていると思いますし、特に説明も要らないかもしれません。

 

仕組2. 商品リンクをクリックした後、24時間以内に購入してもらう。

こちらは深く理解していない方も多いと思います。 アマゾンのリンクをクリックしてもらって、リンク以外の商品を購入しても同じように紹介料を得る事ができます。  例えばオイルのリンクがあって、一緒にフィルターや廃油パックを一緒に購入した方が居るとします。  すると売れた商品全ての紹介料が発生します。

これはCookieというシステムを利用する事で、「同じ人が買い物をしている」と言う事が分かる為です。 もちろん個人は特定する事はできません。

このCookieのお陰で一度ブログ内のアマゾンリンクをクリックしてもらうと、クリックした人(ユーザー)が24時間以内にアマゾンで購入した全商品の紹介料をもらう事ができます。(自分で貼ったリンク以外の商品も紹介料を貰える)

これは24時間のチャンスがある訳ですから、かなり大事にしたいポイントです。

3. Cookieのお陰でメリットとデメリットがある

Cookieのお陰でユーザーは大きなメリットがある。

メリット①

このCookieが有る事で、アマゾンではどんな人がどんな物を閲覧していて、どんな商品を探してるっぽいぞ!? と言う事を予測できます。 なのでアマゾンで買い物して居る時に、この商品を買った人はこんな商品も購入しています。。的な物がたくさん出てくると思います。

これはアマゾンに訪れているユーザーを特定できている為にできる事です。 このお陰でオイルを購入しようとすると「廃油パックもどうでるか?」と勧めてもらう事ができます。

メリット②

我々ブロガーにとっては、Google Adsence広告を貼った場合、見に来てくれたユーザーが興味のある広告を出した方がクリック率が高くなりますよね。 例えば女性が訪れて居るのに男性用ファッションに関連する広告が出て居たり、逆に男性が訪れているのに化粧品の広告を表示してもクリックして貰えるわけがありません。

ユーザーを特定できているからこそ、そのユーザーが今現在何に興味があるか?Cookieを使ってGoogleが分析しその人に最適な広告(今最も興味を持っているジャンル)を自動で出してくれています。

仮に、ヤフーなどで不動産の広告を1度クリックすると「この人は不動産に興味があるに違いない!」といってどんなページでも不動産広告が表示されるようになるのは、このCookieのお陰です。

 

ブロガーにとってのCookieがデメリットになる時

なにやらいい事だらけのCookieですが、ブログに「Adsence広告」と、「アマゾンアフィリor楽天アフィリ」を同時に行なっていると困った事が起こります。

商品リンクをクリックした後、24時間以内であれば他の商品もアフィリエイト対象になるはずですよね。

しかし、仮にアマゾンの商品リンクをクリックした後、「Adsence広告に表示されたアマゾンの広告をクリック」されてしまうと、Cookieが上書きされてしまい24時間の権利はその時点で消滅するのです。

Andyの場合は楽天アフィリをやっていませんが、楽天の場合は「商品リンクをクリクしてから30日間有効」です。もし翌日に「Adsence広告に表示された楽天の広告」をクリックされてしまうと、せっかく貰えるハズだったアフィリエイト収入はゼロになってしまいます。  楽天アフィリを期待しているブロガーにとっては死活問題です。

 

4. 解決策は「Amazon」「楽天」「Criteo」の広告配信をブロックする

Adsence広告は訪れたユーザーに対して今興味があるジャンルの広告を自動的に表示してくれます。 仮にショッピングに興味があり、自分のサイトへ訪れる前にショッピング系サイトをガンガン回遊していると、Adsence広告もそれに準じた広告内容になります。

なので、Adseceに表示される広告内容で、自分が登録しているアフィリサイトの広告をブロックする事でCookieが上書きされる事を防ぎます。

設定手順①. 広告ネットワークをブロックする

Criteo広告配信の停止
〔広告の許可とブロック〕→〔すべてのサイト〕→〔広告ネットワーク〕と進みます。

ここの検索ボックスに「Criteo」と入力します。

すると上記写真のようにズラっと並びますので全てブロックします。 これで8割完了できました。  このCriteoはフランスの広告配信の会社で、Amazon、楽天など商品データとユーザーの行動データを独自アルゴリズムで最適な広告を配信する会社です。  このお陰で、ブロガーにとって大切なCookieを上書きされていまいます。

設定手順②. Amazon広告をブロックする

 

Amazon広告をブロック
〔広告の許可とブロック〕→〔すべてのサイト〕→〔広告主のURL〕と進みます。

ここに直接「www.amazon.co.jp」と入力しブロックします。  これでAmazon広告は完全に配信停止になり、Cookieの上書きを防ぐ事ができます。

楽天アフィリをやっている方は「www.rakuten.co.jp」を入力しブロックすればOK!!  設定はこれだけです。

 

5. まとめ

月間10万PVを超えるサイトは、Adsence広告からCriteo広告に切り替えると収益アップを図る事でできるようです。しかしCriteo広告は月間10万PVを超えないと申請できないので、まったく条件に当てはまりません。 *Criteo広告はクリック課金でなく、閲覧数に応じて広告収入が入る。

とりあえず月間10万PVを超えないブロガーでAmazon、楽天アフィリを登録している場合には、この広告ブロック設定でCookieの有効期限を最大限に活かす事ができ、収益アップが期待できます。

設定は簡単なのでぜひトライしてみてください☆

このブログが面白かったら
いいね ! しよう

関連記事はこちら

MOTO-ACE-BLOGをフォローしてね!!

FBに最新情報をお届けします