MotoGP2019Rd16日本グランプリ

MotoGP2019第16戦日本グランプリ決勝レース結果をお伝えします。

マルケスが4連勝で今季10勝目を飾りHondaにコンストラクターズタイトル4連覇をもたらした。 MotoGPクラスで54勝目となり最高峰クラス歴代3位のドゥーハンとタイ記録。

次は2位のアゴスチーニが持つ68勝を目指す。 1位はバレンティーノ・ロッシで89勝。ロッシも記録を伸ばして更新して欲しいところである。

マルケス
ラッキーだった! ラスト1周は危なかったけど日本で勝てたからメッチャ嬉しいよ!

ポールポジションからスタートし後続をグイグイ引き離す。 わずか2周で1秒の差を築くが中盤はクアルタラロとの差を広げられず膠着状態。

最後は差が詰まるもののペースをしっかりコントロールして見事ポールtoウィン。 最後は燃料が底をつき”けん引”状態で帰還した。

 

1. コースレイアウト

ツインリンク茂木コースレイアウト図
・コース長:4.801km 
・ストレート:762m
・右コーナー:8
・左コーナー:6
・コースレコード:1'43.790(2015ロレンソ)

もうこのコースは敢えて説明するまでもないですね。

 

2. レースリザルト

 

レース総合結果

MotoGP2019Rd-16-Classification

 

マシン最高速 *昨年比較

※PDF1枚目:2019年、2枚目:2018年 比較できるよう同じファイルを2つ配置

昨年のトップスピードはなんとYamaha機!! ビニャーレスが311㎞を記録。 しかし2019年は307㎞とややダウン。

マルケスは昨年309㎞に対し2019年は304㎞で下から数えたほうが早い始末・・・。

ルーキー、クアルタラロは唯一300㎞台を下回る299㎞で推移・・・。  ラップタイムが速くで最高速が遅い原因は120%マシンとエンジニアなので、ここはYamahaさんがんばりどころですね。

 

よくモテギはストップ&ゴーのレイアウトだからしっかり止めてガバっと開けたもん勝ち! と良く耳にしますが大間違い。 コーナーを速く走る事が最も速く走れます。 ブレーキよりも直線よりもコーナー。コーナーのボトムスピードが1㎞アップしたらラップタイムは約1秒速くなります。

 

「コーナーを速く走れるライダー=最も速いライダー」と言う方程式は絶対に崩れません。  じゃなんで直線のトップスピードが大事なのか? それはレースでのパッシングに強い事が理由。  ラップタイムが拮抗しているなら直線が速い方がレースに強い。 最後は強いライダーにならないとチャンピオンに慣れない。

ペドロサはめちゃめちゃ速かった事は間違いないけど、強くなれなかった。

 

チャンピオンシップ

MotoGP2019Rd-16-worldstanding

2位もDoviで確定しつつありますね、面白いのは3位争い。 リンスVSビニャーレス!  ライダーに帯同するメカニックのお給料はライダーの年間ランキングによって上下します。

担当ライダーの成績が上位だとボーナスが上積みされるイメージで、3位と4位では雲泥の差があります。  メカニックもまたライダーと同じように有期契約なのでかなり高額な報酬を貰えます。

後半戦はメカニックの表情にも注目してみてください。 もしかしたら瞳にユーロ札が写っているかも!?ww

 

3. レース展開

 

レーススタート

ポールポジションスタートのマルケスがホールショット!!

クアルタラロも良いスタート!

 

オープニングラップ|クアルタラロが猛プッシュ!

ノリに乗っているクアルタラロがS字の進入でマルケスをパス!

しかし王者もヘアピンで刺し返して早くも戦闘モード。

 

残22周|モルビデリVSミラー

3コーナーでミラーがモルビデリをパス。 しかし足を当てられたモルビデリが抗議!

こっちもバトルのゴングが鳴る!

マルケスは一気にクアルタラロとの差を開げて0.7秒のアドバンテージを築きます。 マルケスの独走劇か!?

 

残21周|マルケス、リード広げる

2位クアルタラロとの差をじわり広げて0.9秒のアドバンテージ。

ジリジリと離され追いつけない展開。

 

残20周|ドビ、コースオフ

V字立ち上がりで一瞬コースオフ!! カッコよく土が舞いますww

ドビもかなり攻めてるって事ですね。

 

残15周|3位争いは4台に

V字でモルビデリがミラーをパス。 (ちょっとミラーが膨らんだ)

 

残12周|レース前半で2秒リード

マルケスのペースに付いていけず、差が2秒まで拡大。

このあとはどうなるのか!?

 

残11周|ドビついに表彰台圏内

90°進入でドビがモルビデリをパスし3位浮上!

ビニャーレスも虎視眈々と狙う!

 

残7周|ついにビニャーレスがロックオン

やっぱり来ましたビニャーレス。レース後半に強い。

ドビと同等のペースで追い回します。

 

残4周|ロッシ転倒

2コーナーへのアプローチでRrからのスリップダウン。

マシンダメージが大きく再スタートはできませんでした。

ロッシの立ち位置がクアルタラロ → ビニャーレス の次で確定しつつありますね。  中々うまくかみ合わずトップグループに入る事ができません。

最年長優勝記録をもっと伸ばして欲しいし、4メーカー4つ巴のバトルに入ってもらいたいなぁ~と思ってるんだけど・・・難しい。

 

マルケス今季4連勝!!

クアルタラロとの差をキープしながら危なげなく今季10勝目を4連勝で飾る!

残り2周は燃費モードに入ってしまい、ペースを維持するのが難しかったとのコメント。

 

ルーキーオブザイヤーはクアルタラロが獲得!

これは誰も文句無いですね。

本音はタカに獲って欲しかったけどなぁ~。

 

4. ライダーコメント

 

優勝:マルケス

 

 

2位:クアルタラロ

 

3位:ドビチオーゾ

 

5. MotoGP2019日本グランプリまとめ

昨年のレースタイムに対してマルケスは5秒遅い結果となりました。

タイヤとのマッチングか!? とも思いましたが路面温度は2018年35°、2019年27°と目立った変化ではありません。

マルケスのペースは落ちたけど、それ以上に回りのライダーのペース落ち幅が大きかった結果、マルケスが逃げ切ったレースと言っていいでしょう。 (なんかこのパターン、今年多くね!?)

 

次は高速サーキットのフィリップアイランド。 海の隣にあるサーキットでいつだったかペリカン?がヘルメットに激突したライダーが居たような・・・?  バウティスタ? (もし覚えてる人いたらコメントで教えてくださいm(__)m)

 

フィリップ大得意のケーシーとマルケスがバトルしたらどうなるのか見てみたいな~。

そういえばロレンソはどこ行ったの??  スカイポート亀石!! ( ゚Д゚)  ってツーリング行ってたんか~いww

いいね!して無料で
記事を受け取ろう!

関連記事はこちら

MOTO-ACE-BLOGをフォローしてね!!

FBに最新情報をお届けします