MotoGP2019Rd17フィリップアイランド

MotoGP2019第17戦オーストラリアグランプリ決勝レース結果をお伝えします。

レース開始直後、トップを奪ったのは通算400戦目となる生きるレジェンド、バレンティーノ・ロッシ。4番グリッドからスタートダッシュを決めた。 1周目にペトルッチがハイサイド転倒。飛ばされたペトルッチの体ははクアルタラロに直撃。 優勝候補だったクアルタラロも巻き添えを喰らい戦線離脱。 またアプリリアのアンドレア・イアンノーネが2位を走るなど序盤から目が離せない展開。

中盤にはビニャーレスとマルケスの2台が抜け出す。 後ろから虎視眈々と優勝を狙っていたマルケスは残り2周、エンジンパワーを生かしてストレートでトップを奪う。追うビニャーレスはファイナルフラップでRrタイヤを滑らせローサイド転倒し勝負あり。 マルケスが今季5連勝となる11勝目を挙げた。

1. コースレイアウト

フィリップアイランドコースレイアウト図
・コース長:4.448km 
・ストレート:900m
・右コーナー:5 
・左コーナー:7
・コースレコード:1'27.899(2013ロレンソ)

アベレージスピードが180km/hに迫る高速コース。 特に最終12コーナーは旋回Rが大きくタイヤへの負荷が長く強烈である。

 

2. レース結果

2つのPDFファイルを並べて昨年データと簡単に比べる事ができます。

レース総合リザルト

 

年2018年に比べ、レースタイムが7.352秒短縮された。 昨年タイムを上回ったのはマルケスと転倒したビニャーレスのみ。 3位クラッチローは昨年の優勝タイムにも届いていない。 この2人が突出した結果となった。

タイヤはマルケスが「Fr・H、Rr・S」、ビニャーレスが「Fr・S、Rr・S」とフロントタイヤのコンパウンドが両極端であることが面白い。

 

マシン最高速

MotoGP2019Rd17-AverageSpeed
↑2019年データ
MotoGP2018Rd17-AverageSpeed
↑2018年データ

 

 

チャンピオンシップ

MotoGP2019Rd17-worldstanding

 

3. レース展開

27周のレース展開をお伝えします。

ロッシ、ロケットスタート

4番グリッドのロッシがロケットスタート!

一気に後続を引き離す!!

マルケスはFrをウィリーさせてしまい後退。

 

残27周|ペトルッチ・クアルタラロクラッシュ

スタート直後の2コーナーでペトルッチがハイサイド転倒。

飛ばされたペトルッチ本人がクアルタラロに直撃し転倒。

2台が早々に戦線離脱してしまう。

 

ペトルッチはイタリアムジェロGPの時もあったけど進入ハイサイドで大きく飛ばされてしまう事が多い。 何か考えられる原因があるような気がするなぁ~。

 

残25周|ロッシ先頭をキープ

後方からクラッチローが迫るが、ロッシが先頭をキープ!

これは期待できる展開か? と少しワクワク♪♪

 

残24周|イアンノーネが先頭を奪取!!

アプリリアのイアンノーネがトップ!! (今年初のトップ走行!?)

これは何やら荒れそうな予感!

 

残22周|イアンノーネ荒ぶる!

イアンノーネの元気がイイ!王者マルケスを果敢に攻める!

Hondaコーナー(4コーナー)はPIの中で最もパッシングが多いコーナーとしても有名。

 

残19周|クラッチローも良い?

クラッチローも久々のトップ走行。 Honda1-2なるか!?

 

残19周|ビニャ、ドキドキ!

今回からライダーの心拍数を表示される試みが始まりました。BPMはBeat Per Minuteの略で、モニタリング自体はかなり前から行われていました。

抜く瞬間にドキドキしているのか? ヒヤヒヤしているのか?  そんな事も想像しながらレースを見ると楽しいですね!

 

残18周|ビニャ、遂にトップ浮上

クラッチローをパスしてついにトップ浮上。

クアルタラロ同様、Yamaha機は尻上がりに調子が良くなってきた印象。

逆にドカは一歩遅れてしまった感じを受けますね。

 

残14周|ロッシ、ペースが下がり始める

トップ3台に付いていくペースがありません。

リンスを交わしたモノの、4位集団はダンゴで先が読めない展開!

 

残10周|付かず離れず

トップ争いはこの両者に絞られました。

マルケスは例のごとく後ろに張り付いてライバルを観察&分析。

 

残9周|4位争い激化!

ロッシ、一気に3台にパスされてしまいました。

ストレートエンドで一気に2台に行かれたのはキツイなぁ~。

 

残7周|バニャイヤ4位!

DUCATIのエースドビを抜いて4位浮上!

 

残6周|マルク、シミュレーション?

ファイナルラップに備えてストレートでのパッシングシミュレーション!?

最近レース後半でこの動きが多いように感じるのはAndyだけ??

 

ファイナルラップ|ビニャーレス痛恨の転倒!!

恐らくHondaコーナー(4コーナー)で仕掛けるつもりだったのでしょう。

Rrが滑りローサード側へ転倒し万事休す。

残念ながらレース復帰できずDNF(Do Not Finish)となってしまいました。

 

4. ライダーコメント

 

優勝|マルケス

 

2位|クラッチロー

 

3位|ミラー

 

 

5. MotoGP2019オーストラリアグランプリまとめ

今回はファイナルフラップまでドキドキハラハラの展開でしたね。 ビニャーレスの転倒が本当に残念。 マルケスのスパートが速かったと言えるのでしょう。

またロッシがスタート直後にトップで帰ってきた時はかなり期待していました。 残念ながら優勝するスピードはありませんでしたが、是非とも現役最年長優勝記録を伸ばして欲しい。

なんだんかんだ言ってもMotoGPライダーのファン獲得数は他を圧倒してる事は事実だし、ロッシ見たさに足を運ぶライダーは世界中に居る事も素晴らしい。(腹黒さは素晴らしくないww)

あそうそう、ロレンソ君は完全に戦意喪失だね・・・レース途中でトイレ休憩に寄ったみたい。

Hondaに移籍せずDucatiに残っていたらバッチバチに乗れてマルケスのライバルNo1になってただろうから、その意味でロレンソを引抜いてDucatiに負ける芽を摘んだことは大正解と言える。

今はそう捉えてセパン、バレンシアとツーリングさせるしかないか! "(-""-)"

 

 

 

いいね!して無料で
記事を受け取ろう!

関連記事はこちら

MOTO-ACE-BLOGをフォローしてね!!

FBに最新情報をお届けします