奥裏磐梯らぁめんやの山塩チャーシューメンが福島ツーリングに最高!

桧原湖の奥の奥にポツンとあるラーメン屋。

東北方面にツーリングに行こうとGoogle Mapを眺めているとやたら評価が高いラーメン屋があるでねーか・・

ANDY
なにこれ。
気になる・・・

 

東北ツーリングの目的地として設定! 

食べて参る♪♪

 

山塩チャーシューメン大盛り1200円

奥裏磐梯らぁめんや 山塩チャーシューメン

食べんでも分かる。 ウマいやつや〜!!!

チャーシューがこれでもか!ってくらい敷き詰まっている・・

ANDY
その数なんと11枚・・・

 

奥裏磐梯らぁめんやのチャーシュー

薄切りのチャーシュで、男性なら一口で食べられる大きさが嬉しい!

濃いさっぱり味で何枚でもイけちゃう♪

 

ラーメンでありがちな油でパンチを効かす! みたいな重さは皆無。

全然飽きない!

 

↓麺は喜多方らーめんと同じ中太ちぢれ麺。

奥裏磐梯らぁめんやの麺

焼きそばもそうなんだけど個人的に太麺好きでなので嬉しい

 

↓スープはあっさり系の塩!

奥裏磐梯らぁめんやのスープ

さっぱり系のスープが相性バツグン!

 

山塩を食す価値アリ!

海から獲る塩ではなく、温泉を煮詰めてつくる塩を”山塩”と言うんだそうです。

宝の山:磐梯山のふもとにある大塩裏磐梯温泉は、「グリーンタフ」と呼ばれる地層に閉じ込められた太古の海水が、高温の地下水に溶け出して源泉になったものです。長い年月で、その海水成分は変質を余儀なくされ、はからずも海水に比べ塩素イオンが少なく硫酸イオンが多い、特殊な泉質になりました。この温泉水を煮詰めて「山塩」を作るわけですが、当然海水をじかに結晶化する「海塩」とは、風味がまったく違うものになりました。

 

その塩で作るラーメンは中々お目にかかれません!

山塩の歴史を知ってしまうと、ブログを書いてる今も「めっちゃ貴重なラーメン食ったな!」

と満足感爆アガリですww

 

磐梯吾妻スカイラインに出かけるなら、一度寄ってみて下さい♪

 

メニュー

奥裏磐梯らぁめんやのメニュー

オススメは写真が掲載されているので直ぐに分かるww

 

待ち時間は約15分

平屋建てで、シンメトリーなデザインのお店です。

奥裏磐梯らぁめんやの外観

入り口より右半分がらぁめんや、左半分は歴史博物館になっています。

Google Mapの口コミ情報によれば、待ち時間が2時間となるような場合もあるようです。

近くにラーメン屋はおろかごはん屋さんも無いので、現地で代替案探すのは難しいと思うので、開店時間の11時前には到着する予定を組むのがBESTです。

行ったはイイけど食べれない&その後の予定が狂う! ってことも旅としては大きなロスですし。

 

まずは順番待ちリストに名前記入

奥裏磐梯らぁめんやの順番待ちリスト

この紙にカタカナで名前を記入して待ちます。

11:10分頃到着しました。 開店は11時なので、たった20分ですでにこのお客さんの数・・・

否が応でも食べたくなってくる〜♪

 

↓玄関をくぐって、右奥の台の上に「順番待ちリスト」が置いてあります。

奥裏磐梯らぁめんやの正面

代表者1名が名前と人数を記入すればOK。 

 

外で待っていても呼んでくれます。↓奥裏磐梯らぁめんやのテラス席

 

窓際の席は絶景の桧原湖を見れる

玄関をくぐって、右奥の台の上に「順番待ちリスト」が置いてあります。

奥裏磐梯らぁめんやの景色

ただ、席は案内されるので選ぶ事はできません。

運が良ければ窓側の絶景も一緒に楽しめるかも!

 

店内の様子

奥裏磐梯らぁめんやの店内

奥裏磐梯らぁめんやの店内

奥裏磐梯らぁめんやの店内

奥裏磐梯らぁめんやの店内

 

店内はとてもキレイです。

建物の半分は有料の歴史博物館になっていて、そのまま繋がっている感じ。

なぜか屋内に茅葺きがドーーーン! と張り出していたりちょっと不思議です

 

奥裏磐梯らぁめんやの店舗情報

奥裏磐梯らぁめんや
  • 営業時間:10〜15時
  • 定休日:火曜日
  • 電話:0241-34-2200
  • 住所:〒966-0485 福島県耶麻郡北塩原村檜原 苧畑沢 1034−19
  • 駐車場:バイク10台程度、クルマ10台程度
  • おすすめルート:県道70号レークライン

磐梯吾妻スカイライン→ 県道70号「レークライン」→ 奥裏磐梯らぁめんや

のルートがキレイなワインディングがずっと続くオススメルートです。

クルマ通りも少なく、バイクならR115号を経由するより早く&気持ちよく走れます♪

 

もしこのブログを見て行ってきたよ! って方がいましたら是非コメント欄から教えて下さい!

関連記事はこちら