CBR1000RRR(SC82)の純正オプションのシートバッグレビュー|固定方法が最高すぎる

トリ男(SC82)の予約と同時にオーダーした純正オプションを装着しました。 簡単にレビューしていきたいと思います。

08L72-MKR-D10のココが良い!

シートバッグ 08L72-MKR-D10

  • シートフックに直接固定する堅牢な構造
  • 固定用の紐が無いからスッキリ!
  • 簡単に脱着できる
  • 容量が大きい※最大7.5㍑
  • 定価:35,200円

 

なんと言っても固定方法がパッセンジャーシートと付け替えて固定すること。

つまり固定用のバックルが不要で、簡単に脱着できるのに過去最強に強固にバックを固定できると言うことです。

 

通常はパッセンジャーシートを取り外して、固定用ハーネスを通します。→ シートを装着してバックルを固定→ ハーネスを引っ張ってグラつかないよう固定→ 余ったハーネスを結んだり隠したりしてOK。

でも場合によってはハーネスピロピロ状態で走行し気づいたら緩む事もしょっちゅうありますよね。

 

ネイキッドなど比較的シート面積が広いバイクはさほど緩まないのですが、SSのパッセンジャーシートのようにトンガッた形をしている小型シートほど、締めてもうまく固定できない事が多いです。

更に一眼レフと三脚など重い物を入れると、ワインディング走る度に緩む!・ω・

 

その意味で今回のシート付け替えシートバッグは本当に画期的! まさにAndyが待ち望んでいたシートバックと言って過言ではありません!!!

 

1. シートバッグの機能

  • 容量アップ機能(+2.0L)
  • 反射機能
  • 小物入れ機能
  • 防水機能
  • ロック穴つき

機能1. 容量について

CBR1000RRRシートバックの容量比較↑STD容量5.5L
CBR1000RRRシートバックの容量比較↑容量UP7.5L

 

ファスナーを一周グルっと外すことで、容量アップさせることができます。(許容荷重は4.0Kgで変化なし)

SC59もそうなんですが、近年のSSパッセンジャーシートは、デザイン重視で小さい!

もうとにかく小いせぇーんですよ。

実際タンデムする機会はほぼ無いのでいいんですが、小さすぎて市販シートバック付けらんね~!! 問題。

 

市販品は、当然汎用設計です。 シートにバックルを通してきつく縛るんだけど、三角形に近いデザインのシート形状だとすぐ緩む!

Andyの伊豆スカ超絶切り返しに緩まなかったたシートバックはありません!

 

しかも一度緩み始めると、一気に緩んでしまって怖いんですよね。 緩んでバッグが動くお陰でシートカウルガシガシにキズ付くし・・・。

今回のトリ男はバックルじゃなくてメカニカルロックなので超絶安心!!  このポイントはでかい~♪♪(*'▽')

 

そしてもひとつ嬉しい事に、容量がでかい! Andy調べでは7.5Lの容量がありました。(信頼のコーラ計測法w)

市販のSS用シートバックで7.5Lの容量を確保できる商品は無いんじゃないかな??  ネイキッド向けの商品はメガトンクラスの容量を選べますが、SSは中々無い。

あったとしても脱着にステーが必用だったりと超絶の手間・・・

 

  • 大容量
  • ワンタッチで簡単脱着
  • 確実過ぎる固定方法

 

この3拍子揃った商品は他に無い!! メチャメチャ素晴らしいです。

 

機能2. 反射機能

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31

サイドとトップに反射素材が使われています。 サイドは存在を知らせる事が出来そうだけど、トップは・・・?  開けた時は裏向きになっちゃうし謎です。

 

機能3. 小物入れ

サイドに400㏄ほどのポケットがあり合計800㏄ほど入ります。 スマホ、小さめの財布は余裕で入ります。 大きな長財布はちょっと厳しい。

 

機能4. 防水

土砂降りでも大丈夫! って安心感があります。

 

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31の防水性↑まずはバッグ内に防水袋になっています。  この時点ですでに安心。

 

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31の防水性↑マジックテープでバッグの口を塞ぎます。

 

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31の防水性↑口を丸めて、バックルで留めればOK!

 

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31の防水性↑土砂降り用レインカバーもあります。

もちろん容量アップにも対応しているので、フル積載も安心。

 

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31のレインカバー↑レインカバーの裾を縛れます。

これで走行中のバタつきも低減。

 

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31の防水性

ステッチも防水仕様! バタつき防止のホックも装備も拘り仕様。 流石は純正クオリティ!

 

まぁここまでの豪華仕様が必用な人は限られると思いますが、SC59よりも小さなパッセンジャーシートになったのに、大容量バッグがあるってとこが素晴らしい。

日帰りツーリングの容量でイイなら、市販品を選べば事足りますからね~。

 

機能5. ロック通し機能

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31のロック用穴
CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31のロック用穴

 

地味にこういうの嬉しいですよね。 簡易ロックしか掛けられませんが、イタズラ防止・覗き見防止にはよさそうです。

 

機能6. 容量アップ時バタつき防止

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31のバタつき防止機能
CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31のバタつき防止機能

 

STD容量じゃ足らないけど、パンパンでもない。 って時用に高さを制限するミニバックルがあります。

高速巡行など風の影響が大きい時には重宝しますね。

この機能のお陰でどんな容量でも安心して積載できます。

 

2. 装着方法

CBR1000RRRの純正シートバッグ08L72-MKR-D10-31の取付方法

もうこの形状を見るだけで分かるかなと・・・

パッセンジャーシートの脱着方法と同じです。  大変すばらしい!  

とにかくヒモがピロつかない。 

大事なのでもう一回言います。

とにかくヒモがピロつかない

とんかくヒモがピロつかない。

 

固定が確実で信頼性が高い。

ホント待ってました! ってシートバッグです。

 

ヒモがピロピロするのマジで鬱陶しいんですよ!!怒

シートカウルは傷だらけになるし走っててもピロピロしてる奴見るとかっこ悪いし

ピロピロさせないために縛ると解くのマジめんどくせぇーし!!

とにかくヒモがピロつかないのは正義なのです!!※異論は認めませんw

 

3. 容量イメージ

500mlのコーラが一体何本入るのか!?  検証した結果

  • STD容量:11本(5.5L)
  • 容量UP  :15本(7.5L)

の容量である事がわかりました。(許容荷重はどちらも4.0kg)

正直、この容量はかなりありがたい。 一泊ツーリングなら余裕のよっちゃん。 カッパとお土産も十分入る大きさです。

SS車にしては大容量なので見た目の外観商品性はイマイチですが、その分機能と性能には満足できます。

 

4. 装着イメージ

サイドビューで確認すると、やっぱりデカ! っと感じます。

でもこの大きさをちっさいパッセンジャーシートに固定できる市販品が無い事を考えると、ホントに素晴らしい♪♪

 

5. 保護フィルムの貼り方

シートバッグ 08L72-MKR-D10保護フィルムの貼り方

 

↑まず台紙とフィルム(A4)を固定します。  あとはこのラインに沿って切ればOK

 

シートバッグ 08L72-MKR-D10保護フィルムの貼り方

↑この5ピースにカットできます。  車体に貼ればほとんど目立たずわからないので、カットラインが多少歪んでいても問題ありません。

 

シートバッグ 08L72-MKR-D10保護フィルムの貼り方

↑位置関係です。

 

シートバッグ 08L72-MKR-D10保護フィルムの貼り方

↑センターから少しづづ貼ってみました。 凸面と凹面とあり上手く貼れるのか? と思いながら作業しましたが・・・

 

シートバッグ 08L72-MKR-D10保護フィルムの貼り方

↑凸→凹→凸の最強3Dゾーンでしたが、フィルムがかなり伸びてくれるお陰でキレイに貼れました。  一方向へ決まって空気を押し出しながら張り付ければOK。 張り直しもできます。

 

 

保護フィルム貼り完成!

シートバッグ 08L72-MKR-D10保護フィルムの貼り完了

シートバッグ 08L72-MKR-D10保護フィルムの貼り方

シートバッグ 08L72-MKR-D10保護フィルムの貼り方

どうです? カットラインもよーく見ないと分からないでしょ!?

 

正直この透明シート、かなり優秀だと感じました。 よく伸びて貼りやすいし、簡単にカットできるし、透明度が高いから目立たない。

アンダーカウルのFrタイヤにもっと近い部位は、タイヤが巻き上げた小石などのチッピングでカウルに深傷が必ず入る部位ですが、そんな場所にも良さそうなので、シートだけ別注文して追加で貼ろうと思います。

 

 現在、保護シート単品の部品設定は無いとのことでした。但し問合せはあるそうで要望が多ければ設定する可能性がありますとの前向きな回答を頂きました!

 

公式取扱い説明書

RRRシートバッグ取説

ダウンロード用リンク→取説08L72-MKR-D10

 

まとめ

実用性と取るか? 見た目を取るか?

この判断は大きく分かれるところだと思いますが、アラフォーのAndyは実用性重視!!(^^)!

ウェストバッグで一泊はやっぱりツライからなぁ~。 あとワインディングをハングオフで走るには腰回りに荷物があるとライディングしづらいってのもある。

20代でボブルビーを背負う事のできるイケイケなライダーには不要かな・・・ (ボブルビーの方がカッコイイ)

 

実用性を選ぶ場合は、これ以上ない逸品であることは間違いありません!(^^)!

シートバッグ購入を迷っている人の参考になれば幸いです
↓※Amazon取扱無し

 

シートベースへの傷付き

マルケス
塗装・・ハゲトルやないか!

 

SC82純正シートバッグの傷

傷つけている相手はどれ?

と思って確認すると・・・

なんと原因はシングルシートカウルでした!!

 

シートバッグの方を見ると薄ら入っている程度。 シングルシートカウルは本体重量が軽い事と、元々のガタ量が大きい事に起因して振動する→ その結果相手のシートベース側を摩耗させていると考えられます。

この程度であればテフロンテープを貼り付ければOKですね!

created by Rinker
日東電工(Nitto)
¥1,164 (2021/10/24 04:58:27時点 Amazon調べ-詳細)

私も全く気づいておりませんでした! 教えて頂きありがとうございます♪

ちなみに、シートベースはアルミなので鉄のようにいきなりガッツリ錆る事はありません。

テフロンテープを確実に貼っておけば安心です☆

関連記事はこちら
--コメント--
  1. すごぞう より:

    Andyさん、はじめまして。
    いつも動画を楽しく拝見しております。
    You TubeでAndyさんのSC82を見て、私も気づいたらSC82を納車してました。
    このシートバッグも購入したんですが、取り付ける度にシートをロックするプレート?に傷が入る(塗装が少し剥げる)のですがAndyさんのは大丈夫ですか?
    くだらない質問ですいません。私が気にし過ぎですかね...

    • Andy より:

      すごぞうさん、こんにちは!

      SC82最高ですよね!  
      私も最高にいい買い物ができたと自負しております!笑

      シートをロックするプレートがどこなのか理解できておりませんm(_ _)m
      車体側にあるタンデムベルトを取り付けているベースの部分でしょうか??

      コメントを頂いたので今朝確認しましたが特にキズが入っていると言う事はありませんでした。

      それともシートバッグ側の事でしょうか?? (⬅こちらは確認していません)
      シートカウルには付属のプロテクションフィルムを貼っているのでキズはついていない状況です

      部位がわかれば、ブログに写真をアップしますのでご教示いただければ幸いです♪

      • すごぞう より:

        Andyさん
        迅速なご返信、ありがとうございます。
        SC82、最高です‼️SC82を納車してから休日が楽しみで、待ち遠しいです。
        質問をするのであれば、もっと詳しく記載しなければですね。失礼しました。
        Andyさんの返信に記載がある、車体側にあるタンデムベルトを取り付けてあるベースの部分(突起を差し込む穴?の周り)になります。黒の塗装が少しづつ剥がれてきています。
        私の友人等にSC82乗りが居ないため、ご質問をさせて頂きました。
        お手数でなければ、写真をアップしていただければ幸いです。
        宜しくお願い致します。

        • Andy より:

          すごぞうさんが仰るとおり通り、削れていました!w

          • すごぞう より:

            Andyさん

            お忙しい中、ご確認ありがとうございました。
            私もテープで保護します。全く、同じ箇所でした。

  2. くろまめ より:

    Andyさんこんにちは。
    RRRのトリコロールカラーいいですねぇ。

    >>サイドとトップに反射素材が使われています。 再度は存在を知らせる事が出来そうだけど、トップは・・・?

    トップの反射素材は、転倒時の安全対策でついているのだと思います。(あまり考えたくないことですが)
    同様に、バイクの底面に反射素材を貼る方もいらっしゃると聞きます。
    単純にデザインとしてついている可能性もありますが……。
    とはいえ、このタンデムシートに直接装着する形式のバッグが増えるとありがたいですね。この形式なら少なくともバッグごと簡単に持って行かれることはないでしょうし。

    • Andy より:

      くろまめさん、こんにちは!

      なるほど!! 転倒時の対策でトップに反射素材が・・・

      めちゃめちゃ納得できました。
      やっぱりシートに直接装着するバッグは安定感が抜群です♪♪

      ほんと他メーカー含め色んな車種に展開してもらいたいですね~(*^^)v

  3. しょーじ より:

    Andyさん、YouTubeをメインに楽しませてもらっています。何とかして59から82に乗り換えようと考えてまして、その際必ずこのシートバッグは買おうと考えてます。ところでこのバッグの容量はHONDAのサイトでは約15L、拡張時約22Lとあります。実質そこまで無い、と言うことですかね…?

    • Andy より:

      しょーじさん、こんにちは!

      今自分も公式サイト確認しましたが、容量は15L、22Lとありますね!

      恐らくはポケットも含めた容量で、3DのCADデータから計算した値だと思うので、信頼できると思います。

      ただ、CADデータは実際に使えない狭い部分も計算できてしまう為、実容量はもう少し小さいと思います。

      実際私が使用したペットボトルも隙間だらけなので…(*^^*)

      それにしてもちょっと多い気がしますねww

      • しょーじ より:

        Andyさん、返信ありがとうございました!そうなんですね、やはり数値より少なさそうですよね。私はシートバッグが好きなので、大体容量の数値に今まで大なり小なり騙されてます(笑)
        これからも応援してます❗️私も何とか購入してTSR仕様にするつもりです。TSRの大ファンなので。

        • Andy より:

          TSR仕様いいですよね! 

          あのブルーカラーは一発でTSRファンだな!? と分かります♪♪

          自分もフェンレスとRrフェンダーを購入する予定ですが、未だ届きません・・・ww

コメントを残す

関連キーワード
バイク用品の関連記事