お役立ち記事!
バイク用で一番暖かい最強冬インナーは17,000円のひだまりエベレストX!

ANDY

最近おたふくのインナーが流行ってるの?

でも一番あったかいのってRSタイチのツナギ用防寒インナーっしょ!?

 

最近こんなツイートを見かけませんか?

最近はユニクロのヒートテックに代表されるような暖かさを売りにしたインナーがたくさんありますよね。 

自分の場合はRSタイチのレーシングスーツの下に着るツナギタイプのインナーを愛用してました。↓
RSタイチ製ウィンドストッパー記事

 

でも数年前に見た所さんのTV番組で気になる内容が・・・

酒和留津根ッ我ー

北国の漁師は、全員ひだまりを着ている!

 

なんと! TVの中では真冬に漁に出る漁師全員がひだまりのチョモランマ(製品名)を着ているでねーか!!

そんなにあったかいんか? と疑問に思いましたが、海の上ともなれば寒さは陸上の2倍・・(Andy体感)

今回、おたふく製のウィンドスマッシュ2と言う商品も出てきた事だし、

ANDY

オレが実験台となって一番暖かいヤツ決めてやんよ!

 

って事で一番暖かい最強極暖インナーを決めます!!

 

最強バイク用冬インナー3アイテム

 

1. おたふく製WINDSMASH2

created by Rinker
おたふく手袋(OTAFUKU GLOVE)
¥2,396 (2023/01/30 21:15:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

価格 上:¥1,930
下:¥2,518
重量 上:167.9g
下:148.8g
生地厚さ 上:0.485mm
下:0.450mm
コスパ
(1g当たりコスト)

上:11.5円/g
下:16.9円/g

巷でウワサのおたふくです。 たしかにツルツルしてて防風効果はありそうな見た目をしてるな・・ 果たしてその実力は・・!?

 

2. ひだまり エベレストX

 

価格 上:¥10,450
下:¥14,300
重量 上:332.9g
下:400.7g
生地厚さ 上:1.415mm
下:1.770mm
コスパ
(1g当たりコスト)

上:31.4円/g
下:35.7円/g

トップスはエベレスト、ボトムはエベレストXです。 

ホームページを見ると、チョモランマ、エベレスト、エベレストXなど何が一番暖かいのか良く分かりません・・・

隅っこの方〜に、、、「エベレストXが最も暖かい」との表記があったのでXを買うことににしました。 

トップス側はXシリーズが売り切れだったので、STDのエベレストモデルです。

※生地は2枚分をはさんでノギスを当てているので、÷2で1枚の生地厚みとなります。 ※袖口は厚みが異なる為、この方法としました。

 

3. RSタイチ ウィンドストッパー

created by Rinker
RSタイチ(RS Taichi)
¥16,830 (2023/01/30 21:15:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

価格 ¥17,120
重量 311.4g
生地厚さ 0.385mm
コスパ
(1g当たりコスト)
55.0円/g

タイチのインナー生地が一番ウスい!!  このスペックだけを見るとなんだかタイチが一番寒いんじゃね!?  と思えちゃうよね・・

でも1g当たりのコストは最も高く、逆に高い素材を使っているとも考えられる。

スペック比較してみる

スペックを表にまとめて比較してみます。

比較項目 おたふく
WINDSMASH2
ひだまり
エベレスト
RSタイチ
ウィンドストップ
上下価格 ¥4,438 ¥24,750 ¥17,120
上下重量 316.7g 733.6g 311.4g
生地厚み
※上下平均
0.468mm 1.593mm 0.835mm
コスパ
※上下平均
14.2円/g 33.6円/g 55.0円/g

こうして比べると、エベレストが価格も重量も生地厚みもスーパーヘビー級である事が分かりますね。。

逆に一番軽いのはRSタイチ。 でも生地厚みはおたふくよりある。 ここになにかヒントが隠されているような気がします!

コスパが最も良いのは圧倒的におたふく。RSタイチと比べると3.9倍もの開きがあります!! これはスゴイ・・・ 

 

防寒性能を比較結果

比較条件はこんな感じです↓

日時 2023年1月10日
最高気温 10℃
天候 快晴
場所 バイクワールド周辺道路
バイク CBR1000RRR
着衣法 インナーのみ。
※パンツもなし!
身長 177cm
体重 69kg

 

結果1. ウィンドスマッシュ

ANDY

止まってる状態なら暖かい!
でも10キロ以上のスピードが出ちゃうともう寒くてムリ!!

風さえ無ければ、この1枚で十分耐えられます。 でもちょっとでもスピードが出ちゃうともうサムくてサムくて・・・死亡。

バイクのカウル&スクリーン形状も影響していると思うけど、背中が一番寒い! 走行中、一瞬だけめくって素肌を出してみると・・・

ANDY

マッジで冷たすぎ! 
1枚でも効果がある事は分かった!
けどサムい!!!!

 

もちろんインナーをアウターとして着てる訳で、冬用ライディングアウターと組み合わせたら確かに暖かくなるだろうなという印象は持てました。

 

結果2. エベレストX

バイク用最強冬インナーエベレストX

ANDY

めちゃくちゃあったけぇ〜!
全然寒くもねぇ〜!!

正直、「防風性能」に関してはあまり期待できないのでは・・?

と思っていました。 手に取った感じは「厚手のセーター」だと思ったから。

着替えて外出た瞬間は「おたふくの2倍はあったけぇ〜!!」

いざ走り出すと40キロまでは暖かさをキープ。 60キロでちょっと寒い。Ⅶ○キロでサムい!

って感じで防風効果もしっかりしていて全然体に冷たさが伝わらないし、暖かさをキープできています。

おたふくが10キロで激寒だった事を考えると驚異の性能! ホントに凄い!

 

結果3. ウィンドストッパー

バイク用最強冬インナーNXU916

ANDY

冷たくないけど、あったかく無い!
防寒できてる感はめっちゃある!

めっちゃ表現が難しい!笑

暖かくは無いんですよ間違いなく。 先にエベレストXを着たから間違い無い。 

じゃ、寒いのか?って言われると寒くないし冷たくない。

外気の冷たさを遮断できている」って表現が最適です。

3商品の中で生地が一番薄く、走行中はめちゃめちゃバタ付きますw (そもそもインナーをアウターとして使ってるのが間違いなんだけどw)

 

まとめ

最強防寒
インナー
Good! Bad!
おたふく製
WINDSMASH2
・コスパが良い
・アウターと滑りが良く着心地が良い
・上下セパレート
・暖かさはやや劣る
・アウター側の防寒性能が必要
ひだまり
エベレストX
・暖かさは断トツNo.1
・防風効果も高い
・上下セパレート
・価格が高い
・生地がぶ厚い
RSタイチ
ウィドストッパ
・とにかく薄い!
・冷たくない
・ロングセラーの信頼
・サーキット向けBEST
・ツナギで💩しづらい
・脱ぎ着がやりづらい

一番暖かいインナーは?
エベレストX」で決まり!

一番薄くて暖かいインナーは?
ウィンドストッパー」で決まり!

一番コスパの良いインナーは?
WINDSMASH2」で決まり!

今回は厳しい同条件での比較と言う事でインナーをアウターとして使いしかもフルチンというこの上ない最悪条件で比較しました。 

しかし実際にはライディング用アウターと組み合わせる訳で、アウター側の防寒性能が高ければ薄くて軽くてセパレートのおたふくが良いと思います。

逆に宗谷岬ツーリングのような超絶極寒に耐えたい! 寒がりだからとにかく暖かさを! という性能が必要な方にはエベレストXが最適解でしょう。

レーシングスーツの下に着る兎に角薄くて防寒を! という方にはウィンドストッパー一択です。 但しウィンドストッパーだけが唯一”ツナギ”です。 サーキット走行中にトイレに駆け込む事はありませんが、ツーリング中、午前の休憩に肉まんを食べた後はだいたい💩したくなりますよね?

 

ANDY

めっちゃうんこしづらい。

 

このマイナスポイントは理解しておく必要があります。 当然ですけど、上半身に着ているアウターは個室内で全脱ぎです。

次にインナーを脱ぐと・・・?

ANDY

トイレでマッパ(マッ裸)やんww

極寒の中、自動的に個室でスッポンポンになりますww  これが和式しかないとマッジのマジで最悪ww  ブーツ履いてたら脱いでる間にバランス崩して便器に足突っ込む可能性も否定できん!w

このデメリットはしっかりと覚えておいて下さい。 

個人的にウィンドストッパーをツーリングで使うのですが、出発前に必ず💩します。 ゲリピーになった時には躊躇せず「先に行ってくれ!」と伝えます。

この記事のYouTube動画はこちら↓

 

2023/01/20追記

最近ひだまりのエベレストXを通勤ママチャリレーシングで使っているのですが・・・

ANDY

は?
気温3℃の極寒でも汗を掻くんですけど?

ホントに暖かい・・・いや、暑いです! 

ヒートテックの「極暖」が詐欺に思えるくらい暖かい!!  ってか寒い中汗を掻くと風邪引くやんけ!💢

冗談&忖度抜きにしてガチのガチで暖かいです!

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をいち早くお届けします。

Twitterでフォローしよう