ブルーテックキャンター4P10のバッテリー交換の方法

ブルーテックキャンター(型式:4P10)のバッテリーの交換方法が知りたい! 12Vと24Vが混在してるけど何か気をつける事はあるの!?  ってかどのバッテリーが適合するのかわからん!

こんにちは!@Andyです。

走行距離1000kmの中古で購入したキャンターのバッテリーが冬になり弱くなってきました。 垂直ゲートも後付けしたし、エンジン停止状態でバッテリーを駆使する事も増えたため、容量アップさせた新品に交換します。

 

1. キャンター(4P10)のバッテリーサイズ適合

キャンター(4P10)の純正バッテリー型式

純正バッテリーの型式
  • 65D23L
  • 95D31L

この2つを使用しています。 外観寸法が異なると正しく装着できないので、バッテリーを購入するときは間違わないようご注意ください。

Andyの場合はAmazonにてポチって、翌日には到着しました。

 

Andyが購入した容量アップ品↓

バッテリー型式 商品リンク 純正品との互換性
GS-YUASA製 75D23L Amazonで探す 適合OK
(65D23Lと同寸法)
GS-YUASA製 115D31L Amazonで探す 適合OK
(95D31Lと同寸法)

上記2つのバッテリーは、100%適合OK品です。 バッテリーの外観サイズは全く同じで、電気容量がアップした仕様です。

エンジン停止時のハザードを点灯させる時間が長い、パワーゲートなどモーターを駆動する場合など容量が心配な場合は上記バッテリー型式がおススメです。

 

バッテリー型式の読み方

クルマ用バッテリー型式の読み方

↑の表から、同寸法であれば容量アップしたバッテリーを探すことができます。

4P10のキャンターの場合、”D23L"と”D31L”が同じであればOKです。

頭文字の数字は容量を示しているので、純正の数字(65、95)より大きければ容量アップさせることができます。

 

Andyの場合、垂直ゲートを追加装備し昇降用の油圧モーターも追加されました。 エンジンを切って動かす時も考慮して容量アップバッテリーが欲しかったのです。

 

2. バッテリーの交換手順

4P10キャンターのバッテリー交換手順です。

 

手順1. バッテリーカバーを外す

ブルーテックキャンター4P10のバッテリー交換の方法

まずはバッテリーカバーを外します。 軍手をしていいれば蝶ナットは手で緩みます。

蝶ナットを外したら、カバーを手前側(進行方向左側)へスライドさせると外れます。

 

手順2. バッテリー固定金具を外す

ブルーテックキャンター4P10のバッテリー交換の方法

バッテリー本体を固定するブラケットを外します。

工具サイズ12mmのスパナ2本が必要です。

 

手順3. マイナス端子を外す

ブルーテックキャンター4P10のバッテリー交換の方法

ブルーテックキャンターは通常のトラックと違い、12V&24V仕様が混在しています。

始動系統、クレーン系統(油圧ポンプ)、トラック架装オプションなどが24V駆動、その他電装品は12V仕様になっています。

なので端子周りが複雑!!

上記写真の順番で外していけば感電することはありません。 特に②の端子を真っ先に外してボディーに触れてしまうとショートするので要注意!

 

手順4. 端子を取り付ける順番

ブルーテックキャンター4P10のバッテリー交換の方法

バッテリー端子の取付順序は、取り外しと逆でOK。 ↑写真の順序で取り付ければ感電しません。

 

必要な工具は「12×14」のメガネ、12mmのスパナの2つがあればOKです。

 

キャンター(4P10)のバッテリー交換まとめ

バッテリーを交換してセルを回すと・・・

めちゃめちゃ元気なた!!\(^o^)/

 

容量アップさせた事で、エンジン停止時のパワゲート使用も怖くなくなりました。  前はなんとなくセルの回転も元気ないし、工場内で停車させてるときのバッテリーの減りが気になっていたんですが、今やゲートが超絶速く昇降しますww

やっぱ元気なバッテリーは素晴らしい〜(*^^*)

いいね!して無料で
記事を受け取ろう!

関連記事はこちら

MOTO-ACE-BLOGをフォローしてね!!

FBに最新情報をお届けします