高山から30分の飛騨大鍾乳洞がメッチャ楽しかった!!アクセスや時間などまとめ

こんにちは!MOTO-ACE-BLOGerの@Andyです。(You tubeチャンネル→MOTO-ACE-VLOG

今回は高山市にある飛騨大鍾乳洞に行ってきました。 伊那の絶品ソースカツ丼を満喫 → 梓湖 → 新穂高ロープウェイで天然クーラーを満喫 → そして飛騨大鍾乳洞に到着!!

飛騨大鍾乳洞も天然クーラーがガンガン効いていいるはずなのできっと涼しいだろう! と思い立って行く事にしました。

新穂高ロープウェイ → 飛騨大鍾乳洞までクルマで約45分。 その後は高山市内まで30分なのでとても近い!! 中々いい場所にあります。

 

1. 飛騨大鍾乳洞の見どころ!!

1965年に発見された比較的新しい鍾乳洞で、標高約900mに位置し観光鍾乳洞としては国内で一番標高が高いところにある鍾乳洞としても有名なんだそうです。

すでに駐車場についた時点でもやや涼しいくらい。

 

飛騨大鍾乳洞のチケット売場↑チケット売場。営業時間終了間際の16:56分くらいに到着したので、ギリギリ^^;

 

飛騨大鍾乳洞の入口↑順路に従って進みます。

 

飛騨大鍾乳洞の入口↑右の扉を開けたところが入口です。

 

飛騨大鍾乳洞の入口↑最初に見える子宝地蔵。 この時点で気温が低すぎて最高にサムイ・・・(・∀・)  半袖×短パンは止めましょう。

 

飛騨大鍾乳洞の中↑ちょいちょいライトアップされてます。

 

飛騨大鍾乳洞の入口↑中々いい感じ!!

 

飛騨大鍾乳洞の入口↑ドキがムネムネ!!

 

飛騨大鍾乳洞の入口↑くの字に折れ曲がりながらできる珍しい鍾乳石だそう。

 

飛騨大鍾乳洞↑鍾乳石が天井とつながった石柱

 

飛騨大鍾乳洞↑突然のラ○ホ感が・・・

 

飛騨大鍾乳洞↑低温貯蔵庫だそうな。 実際に営業してるのかは不明。

 

飛騨大鍾乳洞↑けっこうビビらせる看板。 確かに急だった(・∀・)

 

飛騨大鍾乳洞↑なぜかウドの栽培が・・・ もはや意味がわからない・・・。 訳の分からなさがまた面白いww

 

飛騨大鍾乳洞↑鍾乳洞の中は水があちこちで滴ってるので、背中がいつも冷たい\(^o^)/

 

飛騨大鍾乳洞↑形が王冠に似てるってこと??

 

飛騨大鍾乳洞↑ そういうこと!

 

飛騨大鍾乳洞↑ナイヤガラの滝なの??  ナイアガラだったような・・

 

飛騨大鍾乳洞↑こっちはナイアガラやんww

 

飛騨大鍾乳洞↑男のコが好きそうなコース!

 

飛騨大鍾乳洞クッソ急!!

 

飛騨大鍾乳洞↑中々神秘的☆

 

飛騨大鍾乳洞↑なんかプレデター見たい・・。

飛騨大鍾乳洞↑素晴らしい神を祀っておられました。 通じるモノを感じ丁寧にさすってきました。

鍾乳洞の中はかなり寒くて、当日は岐阜県が39℃の最高気温を叩き出す中、洞窟内は10℃くらいしかありません。 ちょっと体調が悪い中入ると、寒暖差が凄すぎて余計に悪くなるかもしれません。

大人の足でテクテク歩いても約30分は掛かります。 じっくり見ながら写真を取ると1時間は欲しいところですね。

また、この洞窟の発見者?の大橋外吉が集めたと思われるお宝を展示した「大橋ミュージアム」があります。

入場券を買えばダレでも入れますので、ココも30分は欲しいところ。 トータルで2時間あれば十分満喫できると思います。

 

鍾乳洞の外には美味しそうな岩魚(イワナ)

飛騨大鍾乳洞のイワナ

何やら釣って食べられるのか?  ちょっと訪れた時間が遅かったお蔭で店が全部閉まっており分かりません。

イワナの塩焼き喰いたいなぁ〜!!

 

飛騨大鍾乳洞の大鍋

昔は使われていたそうで、今も ”鍋は使える” んだそうです。 鍋の下で火をたくカマドが壊れてしまい使用する事ができないんだって!!

 

 

2. 飛騨大鍾乳洞のインフォメーション

飛騨大鍾乳洞までのアクセスと時間、料金などまとめました。

アクセス

 

アクセス1. 高山市内側から

高山市内から18.2km、渋滞なしで約30分で到着します。

ランチまで高山市内を観光して、14時ころ出れば夕方まで大鍾乳洞をすべて満喫できます。 その後高山市内へ戻ってホテルで夕食! なんてプランも良いと思います。

 

アクセス2. 安房峠側から

  • 安房峠道路の平湯ICから19km、25分です。
  • 長野道松本ICから71km、1.5時間です。

ツーリング途中に訪れるなら、断然安房峠側からアクセスしたほうが楽しいです。

中央道の高速ワインディング → 松本IC → 絶品蕎麦の根橋屋でランチ → R158のワインディング → 旧道安房峠のワインディング → 飛騨大鍾乳洞。 名古屋からの日帰りツーリングゴールデンルート!

 

アクセス3. GoogleMap

料金・営業時間・クーポン情報

料金
  • 大人(高校生以上):¥1100
  • 子ども(中学生以下):¥550
  • 幼稚園以下:無料
営業時間
  • 04月〜10月 8:00〜17:00
    ※閉館17:30
  • 11月〜03月 9:00〜16:00
    ※閉館16:30

*飛騨大鍾乳洞は年中無休です。

 

200円割引クーポン情報

下記JTBの公式サイトにアクセスして、道中のLAWSON、FamilyMart、セブンイレブンで200円引きの900円で購入できます。

リンク → 飛騨大鍾乳洞割引クーポン

 

100円割引クーポン情報

もしコンビニに立ち寄るのを忘れた場合は、スマホがあればOK!
現地でスマホ画面を提示すれば、100円の割引価格で購入できます。

リンク → スマホ割引クーポン ※ページの最下端にあります。

 

 

名古屋からの所要時間

 

名古屋 → 大鍾乳洞2.5時間 (177km)

名古屋高速 → 名神 → 東海北陸道 → 飛騨清見道路(無料) を使います。

約177km、2.5時間で到着します。

途中ひるがの高原SAのシュークリームがオススメ!!

ちょっと大回りになるけど、名古屋 → 白川郷 → 高山 → 大鍾乳洞 でも日帰りで行けますね。(運転手は大変かも・・。)

 

服装など

やはり真夏でも上着が一枚あるとベストです。 大人は30分程度なら我慢できますが、 体の小さな子どもはかなり厳しいと思います。

ツーリングで立寄るなら、夏でもメッシュジャケットがあると思うので、その格好で十分OK!! 心配いりません。

ちなみにこの時Andyはサンダルでしたが、中は全てコンクリートで整備されているので全く問題ありませんでした。

 

実際には結構な階段を登るので、だんだんと寒さは感じなくなりますが、絶対的な気温は真夏でも約10℃しかありません。

もし我慢できなくなったら、途中で退室できる扉が二箇所あるので、そこから退避する手もあります。

 

飛騨大鍾乳洞の感想

鍾乳洞自体はかなり大きくてビックリ! 大人でも暗い道の中を進んでいくと探検家になった気分で楽しいです。

ところどころ、ライトアップされていてとても美しい。  たまに「なぜこの色にした!?」って感じの色もあって、ラブ〇感が否めない。

最後の出口にある御神体を見て納得ww

真夏に感じる10℃の天然クーラーの中の冒険に1100円では安いくらい。十分元が取れます☆ 東海地区にお住いの方で夏の避暑地を検討しているのなら、オススメできるスポットです☆

 

Let's Fun! Ride! Run! 
Andy

 

このブログが面白かったら
いいね ! しよう

関連記事はこちら

MOTO-ACE-BLOGをフォローしてね!!

FBに最新情報をお届けします