ヘルメットのシールド汚れを簡単に落とすオススメアイテム”シールド汚れ取りクロス”

ツーリング中、走行距離が伸びると同時にシールドにポツ。。ポツ。。と点々も増える。。。  東北道を走っていると「ブチャッ!」と何かが潰れてシールド一面に液体が。。  めちゃくちゃ前が見にくいので何かでシールドを掃除したいんだけどティッシュ持ってね〜! しかも水を含ませないとシールドに細かなキズが入っちまうしどうしよう...。   「我慢して宿までもう一っ走りするか〜....。」って経験、ライダーならありますよね!?  そんな時に役立つ便利アイテムを紹介します!

1. ヘルメットシールドをコンビニお絞りで清掃!

コンビニ駐車場に止めてダベリング&休憩をする事って多いと思います。  シールドを汚す憎き虫をコレを使って拭いた事のあるライダー、よく見かけますww

これ、確かに虫は良く取れます。 でも虫取った後ってどんな感じですか?

照エイ
デカイ汚れは取れるんだけど、水分が乾燥した後にはシールドに水滴の跡が残っちゃうんだよな〜。。 その跡処理にカラ拭きがしなきゃいけなくて結局メンドくさいよ〜。

これ、アメトークで扱って欲しいくらいのライダーあるあるだと思いません?w

でもコンビニならまだいい方で、最悪は色々なアイテムを買う事ができますが、護摩さんタワーや、都民の森ではどうする事もできません。 そんな悩みを解決してくれるアイテムがあのDAYTONAからリリースされています!

2. シールド汚れ取りクロスでヘルメットを拭く

このアイテム、シールド汚れに困るライダーの悩みを全部解決してくれます!!

シールド汚れ取りクロスの凄いトコ!!
  1. しっかり濡れているからウェットティッシュ感覚で使える。
  2. 虫が簡単に取れる溶剤である。
  3. 速乾性で、すぐに乾く。
  4. 乾いたらそのままカラ拭きできて、1枚で完結できる。
  5. かさばらないから、サイフにも入る。
  6. 1枚54円でコスパ最高!

つまり、コンビニおしぼりでは洗浄工程〜乾燥工程まで2枚の布が必要であったのに対し、「1枚のウェットティッシュで可能になる」事が凄いのです。

そして、二度とない最高なツーリングをクリアな視界で楽しむ事は最も重要です。 その為の投資として1枚54円ならとても安い!

仮にそのツーリングに掛かる費用が高速、ガス、ランチ代を含めて5,400円とすれば、投資額は1%です。  (10,000円を越えれば0.5%)  一度使うとこの間違いなく納得できる金額です☆

3. 汚れとりクロスの使い方

具体的な使い方を紹介します。  コンビニおしぼりで拭く容量と同じです。

使用方法1. クロスを取り出す

ハサミのマークに沿って手で破きます。

溶剤が乾燥してしまわないように、ビニールがサンドイッチされた包装紙になっています。 指で簡単に破る事ができます。

 クロスを破かないように、必ずハサミのマークに沿って袋を開けてください。

こんな感じでクロスが入っています。

 

使用方法2. クロスを取り出して汚れを拭き取る

折りたたまれて入っています。

シールドを拭きます。最初は含まれている溶剤をたっぷり使います!

ガンコな汚れはクロスを小さく畳んだ状態で!

このクロスは乾きやすくなるよう、表面積が大きくなる加工が施してあります。 クロスを広げてしまうと、どんどん溶剤が乾いてしまい、ガンコな汚れが落ちる前に乾燥工程になってしまいます。

折りたたんだ状態では乾くスピードは非常に遅いので、ガンコな汚れはクロスの面積を小さくして掃除していきます。

 

使用方法3. クロスを少し広げ小さな汚れを落とす

クロスを少し広げるよ!

細かなスリットが入っているのが見えますか?  広げると空気と触れる面積が広がり、溶剤が乾燥するスピードが早くなります。ちょっとづつ磨きを入れながら、クロスを乾燥させます。

 

使用方法4. クロスを完全に乾燥させカラ拭きして完了!

完全に広げた状態!

最後にクロスをこの状態にさせると、すぐに完全に乾きます。(さっきまでビショビショだったのに凄い!)

拭き残しや、溶剤の跡がうっすら残っているところを軽く磨いていくと、シールドは新品時の輝きを取り戻します☆

完成! どうです!?旦那! ピッカピカでしょう?

 

4. シールド汚れ取りクロス 使用上の注意!

今の秋や春などの季節は、余裕を持ってシールドを掃除する事ができるのですが、夏場メットをバイクに置いてしばらくした後に掃除すると、メットの温度が高過ぎてソッコーで溶剤が乾いてしまいます。

クリーンサイドを作る! →  カラ拭き工程の時、虫や砂などの異物と一緒にシールドをコスってしまうとキズ付きの原因になります。カラぶきする面にはなるべく異物を付着させないよう配慮すると、シールドを長持ちさせる事ができます。

ほとんどのバイク用品店で取り扱っていて、おそらくヘルメットのシールドなどが陳列されているコーナーの近くにあると思います。ヘルメットコーナーにいる担当者なら確実に知っている商品なので、今度ぜひ見てみてください!

週末のツーリングに備えてアマゾンで準備しよう!↓

 

このブログが面白かったら
いいね ! しよう

関連記事はこちら

MOTO-ACE-BLOGをフォローしてね!!

FBに最新情報をお届けします