お役立ち記事!
TUNDRAベッドレールキットとベッドクリートを取付けてトランポ仕様にカスタム

愛車のタンドラにはベッドの4隅にタイダウンフックが付いています。 

エスカレードの時は四隅の上下に二箇所づつ、合計8個のタイダウンフックがありました。 

 

バイクを積載すると前方にタイダウンを引っ張るのですが、TUNDRAの場合はフック位置が低すぎてブレーキレバーを下側に押してしまいます。 

これが結構調子悪くて凄く縛りにくかったんですよね〜 

もっと上にタイダウンフックがあれば、角度が浅くなってブレーキレバーとタイダウンが干渉しないのに・・・💢

 

って事でアメリカに発注していた純正部品が2ヶ月経ってやっと日本に到着したので装着しました!

 

RAIL KIT PT278-34071

PT071-34071 RAIL KIT

KIT 内容
  • レール3本(左・中・右)
  • 取付ビス
  • ベッドクリート×4個
  • 取説2枚

ANDY

は?
ベッドクリート(フック取付部)4つも入ってるの?

無いと思って別口で4つオーダーしちまったじゃねーか

 

いきなりやらかしましたw

普通に頼んだらまさかのKitにも含まれていて、フック引っ掛けが8個www

誰がこんなに使うんだよw

とは言え返品もできねぇ〜し・・・ (泣くしかね〜)

 

取付方法

TUNDRA RAIL KIT PT071-34071取付方法

ANDY

ネジ締めるだけ!w

10分で装着完了ぉ〜! 

元々レールキットを取り付ける為の凹みぞとナットが溶接されているので、ホントにポン付けでした。 

唯一、取付けボルトが「T30」のトルクスボルトなので、工具が必要です。

  • 工具:T30 
  • 締付けトルク:7.5N.m

自分の場合はベッドライナーを外してしまいましたが、ベッドライナーを装着するなら、カットが必要なので更に道具と手間が掛かります。

レールエンドキャップも手でスポッとハマりますし、何も難しい事はありません。 

 

TUNDRA RAIL KIT PT071-34071取付方法

 

使用レビュー

ANDY

さすが純正! 
と思うポイントがあるよ!

 

良い点1、横方向の力に耐える

タイダウンベルトって、斜め方向に引張る場合がほとんどだと思います。 

するとベッドクリート(タイダウンフック)もスライドする方向に力が加わって、スリップする事があります。 

スリップするとベルトは緩んでしまうので、バイクが倒れます。 

 

レールの切り欠きと、クリートの出っ張りが嵌合する事で、スリップする事が物理的にありません。 

これは大きなメリットです。 流石TOYOTA純正品質!! 大満足👍

 

良い点2、工具レス

TUNDRA RAIL KIT PT071-34071取付方法

クリートの位置を変更するには、黒いハンドルを回して緩めor締める事で位置を変更できます。 

いちいち工具を持ってくる必要はありません。 素早く位置変更ができるのでストレスフリー! 

 

良い点3、内寸変わらず

TUNDRA RAIL KIT PT071-34071取付方法

ベッドレールのツラと、ベッド内寸ののツラがツラツラ(ピッタリ合っている)です。 

ベッドクリート自体はすぐに外す事ができるので、ベッドの内寸法を犠牲にする事なく目一杯使う事ができます。 

実際には荷物ってより、ベッドに関するアクセサリーを追加する時に重宝すると思います。 

引っ掛けるタイプのストレージボックスや、トノカバーとかかな? 

 

良い点4、何個でも追加できる

TUNDRA RAIL KIT PT071-34071取付方法

ベッドクリートを追加すればフックポイントを増やす事ができます。 

溶接の場合は、増やしたり減らしたりする事ができないので、その意味ではかなり使い勝手が良いです♪♪

ANDY

まだ2つあるよ

6箇所でも多いのにあと2つもいらねー!w 

 

納期と価格

自分の場合は下記の条件で購入しました。

  • 納期:約二ヶ月
  • 価格:40,800円

今見ると、45,800円と5,000円値上がりしてますね・・ 

取扱説明書

TUNDRA BED CREAT

 

使ってみた感想

取付も超簡単だし、使い勝手がめっちゃ良くなった! 

バイクを固定する場合、特に③、⑤、⑥、⑦の位置が最高に使いやすくて、バイクにタイダウンが当たらないからカウルにキズ付く心配も無し! 

めっちゃ大満足! 

次は布タイプのロール式簡易トノカバーを付ける予定です♪

 

 

 

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をいち早くお届けします。

Twitterでフォローしよう