CBR1000RRRドライカーボンカウル

Honda初の純正ドライカーボンカウルをゲットした忘備録です。

 

2020年6月12日金曜日の午後、愛機iPhone11ProMaxが突然バイブす。

 

夢店「Andyさんこんにちは~! ドライカーボンカウル発売されたの知ってます?」

 

ANDY
え? かーぼんかうる??? なんのこと??

 

夢店「カーボンカウルが出たんですよ~! 一応お知らせしておこうと思いまして♪」

 

ANDY
あぁ! あのUKHondaのサイトで見たやつの事かな!?
めっさ欲しーっす!

 

夢店「かなりお高いみたいですが、資料がありますのでご来店ください♪」

 

との連絡を頂いたのでお世話になってるドリーム名古屋守山店さんへお邪魔してきました

 

ドライカーボンカウル即決!

営業のUさんから一通り説明を聞いて、フロントフェンダー、タンクカバー、リアハガー、アンダーカウルの4点がラインナップされていて、イタリア製。

4点の総額はなんと\50,2700!! (;'∀')

CBR1000RRRのドライカーボンカウル見積書

 

いや~、やっぱプレミアパーツはこうでないと!  目ん玉飛び出まクリビーレ価格なのでありんす。。。

ANDY
ヤ・・・ヤバい価格

 

 

今までHonda純正アクセサリーとして50万円を超える製品はありませんでした。(Andy記憶内)

それと同時に頭に浮かぶのが

 

ANDY

ってか・・・良くこんな実用的でない高額所品リリースしたな・・

絶対ボツにされておかしくない案件なのに・・なんで??

 

純正メーカーですから儲けを出す事を当然求められます。 そもそもフルセットで50万円もするような商品が爆売れする訳ありません。(ANDYですらわかる)

となると、赤字覚悟で売りなさい! とGOが掛かる事はありません。

開発する過程の様々なタイミングで、「開発中止!」とか「販売中止!」と言われておかしくありません。

 

これら抵抗勢力のチカラは凄まじく、跳ね返すには並大抵のことではありません。 新人なら瞬殺、中堅なら撲殺、ベテランなら瀕死の重傷を負うことでしょう。
「お・し・ま・い・Deth!」

 

つまりこの純正ドライカーボンカウルがリリースされたと言う事は、凄まじい力を持った抵抗勢力と全力で戦い、勝利した結果と言って過言ではありません。

ANDYの創造ですが、どうしてもこのカーボンカウルを出したい! と熱く強い思いを持ったメンバーが開発チームに居るという事です。

そんな想いを感じて、全く実用性のないこの高額パーツ、いやもとい、男のロマンを買う事にしました。

 

17年の汗と涙の決勝を開封して支払い!

中身の総額は569,500円でした!

一年当たり33,500円、1ヶ月当たり2,791円、約コイン6枚を貯金した計算です。

もうね、トリ男をローンで購入したので”追いローン”はキツイ(゚Д゚;)

って事で二十歳で法律に沿ってタバコを止めた立派なANDYは煙代→500円貯金に変更し17年間コツコツ溜めてきました♪

 

実際には4年くらい前にほぼ満タンにはなっていたんですが、そこからも揺すっては隙間を作ってチビチビ入れていました。

家買ったりトリ男買ったりするタイミングで開けても良かったんだけど、なんか開ける気にならなかったんだよな~。

 

ところが今回のカーボンカウルを見た瞬間! コレしかない! と思って貯金を使う事を決意できました。

 

銀行で紙幣に両替してもらって、ニコニコ現金払いで支払いまッす!

CBR1000RRRドライカーボンカウル購入

俺の漱石ちゃんが・・・

無事旅立って行きました・・・( ;∀;)

 

ドライカーボンカウル仕様日本最速納車!

フルセットで購入したのはANDYが全国初! (自分しらべ)

CBR1000RRR(SC82)ドライカーボンカウル

バッチリ着いてる~♪♪

 

↓タンクシェルター 230g ¥115,500CBR1000RRR(SC82)ドライカーボンカウル

 

↓アンダーカウル 685g ¥220,000
CBR1000RRR(SC82)ドライカーボンカウル

 

↓リアハガー 170g ¥73,700CBR1000RRR(SC82)ドライカーボンカウル

 

↓フロントフェンダー 255g ¥93,500
CBR1000RRR(SC82)ドライカーボンカウル

どうです?ダンナ!

カッコイイでしょ!(異論は受け付けませんw)

 

ビフォー&アフター

装着前↓
CBR1000RR-R(SC82)サイドビュー

 

装着後↓
CBR1000RRRドライカーボンカウル

全体的に黒の面積が増えたことで派手さが無くなりました。

 

アンダーカウルとフロントフェンダーはやっぱりかなりイメージ変わるな~。  今後はカーボンカウルを塗るつもりなので、派手さちょい増シくらいにしたいと思います。SBKイメージ!?

CBR1000RRRのWBKマシンハスラム号

ワークスマシンのカラーは蛍光色が入ってるから良く目立つな~。

 

今後も更に見た目がカッコよくなる予定です♪♪

 

ネットショップのリンク

※Amazon取扱い無し。 楽天、ヤホーショッピングは取扱いアリ

カーボンハガー 08F70-MKR-D10

 

カーボンフェンダー 08F71-MKR-D10

 

カーボンアンダーカウル 08F73-MKR-D10

 

カーボンエアボックスカバー 08F74-MKR-D10

 

やっぱりネットショップで買う方がお得だしポイントも貯まるしで若干お得ですね。 でもこの差ならDラーで購入してもいいかなと思います。Dラーとの付き合いはやっぱり有益な情報を沢山得られますからね。  そことの関係性を良くする上でどちらがよりメリットがあるのか? 検討すると良いと思います♪♪

いいね!して無料で
記事を受け取ろう!

関連記事はこちら