CBR1000RRR(SC82)ヘッドライト保護フィルム

CBR1000RRRでサーキット走行する時の保護フィルムを毎回貼るのめんどくさい!

って事で型紙を作ったので当ブログで販売します!

 

サーキット走行会って、ナンバー付きバイクを持込んで先導走行付きで走ると思います。 その際、転倒時のレンズ飛散防止としてヘッドライトやウィンカーレンズにテーピングする人も多いと思います。

方法としては養生テープやガムテープチューンが多いのは分かるのですが・・・

 

ANDY
せっかく走行写真撮影もしてくれるのに、
ガムテじゃっカッコ悪りー!

て、思いません?

なので

ANDY
カッコよくて、めんどくさく無いヤツ紹介します!

 

SC82保護フィルム

 

ヘッドライト保護フィルム

CBR1000RRR(SC82)ヘッドライト保護フィルム
CBR1000RRR(SC82)ヘッドライト保護フィルム

見る角度によってレンズ内が透けたりします。 ハーフミラーのような感じ!

もちろんヘッドライトの光量や色は全く変化なく車検もOK。

ガムテ―プの1兆倍カッコイイでしょ!

 

ウィンカー保護フィルム

CBR1000RRR(SC82)ウィンカー保護フィルム
CBR1000RRR(SC82)ウィンカー保護フィルム

ウィンカーもハーフミラーで、角度によっては中が透けずキレイに見えます。

もちろん、ポジション、ウィンカーライトはアンバーに光るので車検OK!

 

メーター保護フィルム

写真準備中・・・

 

全体のイメージ像

保護フィルム貼付け前↓
CBR1000RRR(SC82)保護フィルム無し
CBR1000RRR(SC82)保護フィルム貼付け前

 

保護フィルム加工後↓
CBR1000RRR(SC82)保護フィルム貼付け後
CBR1000RRR(SC82)保護フィルム貼付け後

どうです?

これでカッコよくてサーキットでのレンズ保護の機能も果たしてくれます。

その結果、プロに撮影してもらった写真は映える事は間違いなく、フォロワー数はうなぎ上り確定!(ホントか!?w)

 

また、上記仕様であれば街乗りもそもままOK。 道交法に違反する項目はありませんので普段から剥がす必要もなく街もサーキットも気軽に行くことができます♪♪

 

保護フィルム商品詳細と型紙

貼付け方法
  1. 接着面を脱脂し、埃、汚れを取り除く
  2. 3%濃度の中性洗剤を混ぜた水溶液を作る
  3. 型紙に沿ってフィルムをカットする
  4. 水溶液をフィルム、ライトにたっぷり塗る
  5. ヘッドライトを貼り、水・エア抜き(平面なので簡単)
  6. ウィンカーを貼る、水・エア抜き→3D曲面なのでゆっくりシワを伸ばしていく
  7. 24時間経過したら接着強度が安定しOK

作業時間は型紙があれば30分で完了します。

初めての方なら1時間あれば大丈夫でしょう。

 

張り付ける際には、ゴムヘラがあると作業し易いですが、無ければ指で行う事も可能です。

あとはハサミ、台所洗剤があればOK。 特別な道具は必用ありません。

 

  • 型紙は「ヘッドライト左右、ウィンカー左右、」の計4種類で2000円
  • お支払い頂くとページが閲覧でき、PDFをダウンロード頂けます(何度でも)
  • プリントアウトしてお使い下さい
  • 尚、価格は先着5名様限定で1500円です 完売御礼!
  • 5名を超えた場合、通常価格の2000円となりますのでお早めにどうぞ!

市販しているライバル商品は30,000円なので、驚愕の15倍もお得に買える!('◇')ゞ

 

ダウンロードファイルを開くには

いいね!して無料で
記事を受け取ろう!

関連記事はこちら