CBR1000RR,SC57,SC59,SC77 オイル交換に必要な適合情報

CBR1000RRエンジンオイル交換に必要な情報が全て揃うページ

オイル交換をしたい!と思ってバイク用品店などに行っても、オイルフィルターの適合や機能、価格を調べたり、オイル量、締付けトルクを知りたかったりと意外に必要な情報は多いもの。。 でも各パーツやケミカルコーナーに行って調べるのがメンドくさい! と感じるライダーの時短に繋げてもらえたら嬉しいです♪♪  様々な商品がある中でAndyオススメの商品を紹介しています。

エンジンオイル銘柄と容量

CBR1000RRのエンジンオイル容量は下表の通りです。オイルを買うときの参考にしてください。

必要オイル量SC77SC59SC57
オイル交換2.8L2.8L3.0L
オイル+
フィルター交換
3.0L3.0L3.1L
ドレンボルトサイズM12xP1.5M12xP1.5M12xP1.5
ドレンワッシャサイズM12M12M12

SC57オーナーの方は、フィルター同時交換を行った場合、必要オイル量は3.1Lです。自分で交換すると0.1L単位で売っていないので、4L分購入し、0.9Lを余らせてしまう事になります。 実際には0.1L少なくても突然トラブルが発生する事はありません。 HONDA車の場合、ロアレベル以下でもちゃんとテストされています。 とはいえ、適正な範囲でオイル量を管理するのはライダーですから、フィルター同時交換の場合は、用品店の量り売りがオススメです。

HONDAメーカー指定オイル ウルトラG4 0W-30

一番安心のHONDA純正の指定オイルです。 何と言ってもエンジン開発段階から使用され、過酷X過酷X過酷=とても厳しい耐久走行テストをクリアした正真正銘のオイルである安心感はこのオイル以外にありません。 もちろん性能と価格を見比べた時、このオイルに勝てる相手は存在しません。


MOTUL 300V 10w-40

二輪&四輪問わず世界のレースシーンで愛用されているフランスのメーカー、モチュール。中でも300Vは他を圧倒するパフォーマンス。 具体的には高い油膜でエンジン内部を強力に保護。しかも粘性に頼らない(ドロッとしていない)為、抵抗が少なくエンジン出力がUP。

一般的なオイルは、高い保護性能の代わりにエンジン出力をロス。もしくは高いエンジン出力の代わりに保護性能をロス。保護性能とん人出力はトレードオフの関係にありますが、唯一それをブチ破る高性能オイル。(Andyしらべ) その高スペックな代わりにお値段も高いです。

オイル交換に必要な消耗部品

必要部品と
Amazonリンク
パーツ写真定価品番SC77適合SC59適合SC57適合
Oilフィルター
Vesrah
1750SF-4007
OKOKOK
Oilフィルター
HONDA純正

1740

15410-MFJ-D01OKOKOK
Oilフィルター +
フィルターレンチセット
HONDA純正
209015010-MCE-H51OKOKOK
Oilフィルター
キジマ(マグネット付)

マグネット付フィルター
はキジマだけ!
1500105-833OKOKOK
Oilフィルター
東単

140068139OKOKOK
ドレンワッシャー
純正
3594109-12000
OKOKOK
カスタムドレンボルト
DAYTONA強力マグネット付
150093751
*ドレンワッシャ付
*超強力ネオジウム磁石
OKOKOK
カスタムドレンボルト
TAKEGAWAマグネット付
130002-09-0005
*ドレンワッシャ付
OKOKOK
エーモンポイパック
4.5L
5251604
OKOKOK

*ドレンワッシャは1枚売りがモノタロウしかありませんでした。(Amazonは複数枚)
*HONDA純正フィルターレンチセットのアマゾンページには写真がありませんが、商品はちゃんと届きますのでご安心ください。

中でも特におすすめな商品が2つ!

オススメ1、フィルターレンチが実質300円!!HONDA純正セット

HONDA車に乗り続けて長いベテランは知っている方も多いのですが、HONDAも目立ってCMする事がないので以外に知られていません。  純正フィルターは約1700円です。 プラス300円出せば、純正フィルターレンチが付いたセットに変更できます。 フィルターレンチをお持ちでない方はこのセットがかなりお得です。

純正品番:15010-MCE-H51 フィルター&レンチがセットでお得!!


オススメ2、超強力ネオジウム磁石付きドレンボルト

DAYTONA品番:93751

自分のマシンに磁石が装着されたドレンボルトを使用しています。 ミッションやクランクなど鉄系部品のスラッジや異物を取り除く事ができます。 Andyマシンに装着しているのは、普通の磁力なので次のタイミングでこのネオジウムに変更する予定です♪♪ ネイキッドなどドレンボルトが見える位置にあるバイクはTAKEGAWAのアルマイトカラー仕様もカッコイイと思います。

締付トルク

  • オイルドレンボルト : 26N.m(2.7k)
  • オイルフィルター  : 30N.m(3.1k)

ドレンボルトはアルミ製、鉄製(純正)ともに同じ締付トルクでOKです。

オイルフィルターを締め付ける前に、必ずO-リングにエンジンオイルを塗布して下さい。コレを怠ると、O-リングの切れ若しくは捻じれが発生し、オイルが漏れてしまいます。

オイル交換雑学

 

先輩メカニック
オイ!Andy! ところでオイル交換作業で一番最初に行う作業はなんだ!? 言ってみろ!
Andy
う〜ん。。。一番最初ですか? んーーー、廃油の受け皿をキレイに掃除する事だと思います! 廃油に異物が入っていたり、汚れ具合を確認するためには、キレイな受け皿が必要だと思うからです!! パイセン!どうっスか!
先輩メカニック
ぶッブー!! 残念でした!!
Andy
違うんですか〜。。。残念。 イイ線行ったと思ったのにな〜。パイセン! 正解が知りたいです!!^^
先輩メカニック
 まず一番最初に行う作業は新しいオイルを注入する口である「オイルフィラーキャップ」を開ける作業だ!

この話は10年以上も前になりますが実際に私が経験した実話です。
先輩に、「一番最初にオイルフィラーキャップを開けること。」と言われた時はなぜ一番なのか?理解出来ませんでした。理由を尋ねると、「フィラーキャップを開け、オイルを補給できる事を確認」した後「オイルを抜いても問題ない」判断できるからだ。 と教えてくれました。

現在のCBRシリーズのオイルフィラーキャップ(オイルをエンジンに注入する口の事)はプラスチック製で誰でも簡単に開ける事ができます。

しかし一昔前は、工具でなく、コインキャップになっていたり錆や異物で固着して全く開けられない!!事は珍しくなかったそうです。 オイルを完全に抜き切った後に、キャップが開かない! となってしまったら、オイルが入っていないエンジンを掛ける事はできません。 お客さんは自走で整備工場へ来ていますから家に帰れない事になってしまいます。 そういった理由で先ず!フィラーキャップを開ける!事が一番最初に行う作業なんだと教わりました。 もし自分の担当メカニックがこの話をしっていたらベテランかもしれませんネ!^^

この記事で、オイル交換に必要な適合情報を早く楽に収集できる事につながれば幸いです。

オイル粘度の決め方はコチラへどうぞ!

Let’s Fun! Ride! Run!
Andy

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

バイク歴18年、名古屋在住34歳で愛機はZRX1200Rと、CBR1000RRです。
ツーリングも大好きですがサーキットも大好きで鈴鹿8時間耐久ロードレースにライダーとして参戦しています。2017年は29位で完走する事ができました!^ ^
  
本田技術研究所で二輪の開発業務に10年間従事し、そのうち5年間をレーサー開発のテストライドグループで操縦安定性や空力性能のテスト、評価を担当。 この時の経験を生かしバイク工学のブログ発信を2017年5月からスタートしました。 高品質な二輪情報を発信しライダーのバイクライフを充実させる事を目的としてサイトを運営しています。 どうぞ宜しくお願い致します☆